Pシリーズ
宝飾用値札(糸付き、2色) ※JW2の生産は終了しました。
 
  • 2つ折りにして貼り合わせることで両面印字になる値札です。
  • 予め型抜きされたロール紙をご提供いたします。
  • 左の例ではJW2を用いているので、打ち消し線とセール価格を赤文字で印字し、値引きのアピール性の高い値札になっています。
  • 予め糸が付いた値札ですので、2つ折りにするだけで、商品に簡単に取り付けることができます。
  • 会社名と下地の茶色は予め印刷してあり、装飾性を向上します。
宝飾用値札(例:指輪用、糸付き、1色印字)
  • 上の糸付き2色印字の例を1色で印字した場合のサンプルです。
  • 卸会社でよく使われる極小札です。
  • 青いロゴマークは予め印刷してあります。
  • 裏面には糊が塗布してあり、2つ折りにして使います。
アクセサリー小物用値札(1色印字)
  • 2つの楕円の間にあるつなぎ目の部分で、例えばネックレスのチェーン部をはさみこむようにして貼り合わせると、コンパクトな値札になります。
  • 楕円部分にだけ糊を塗布することで、商品への糊の付着や、それに伴う汚れを防止するようになっています。
  • 小さなスペースにも高精細な文字やバーコード、2次元QRコードを印字することができ、値札の材質を適切に選択することで、耐久性も確保しています。
メガネ用値札
  • 上下2つ折りにして裏面に塗布されている糊で貼り合わせます。
  • 穴の部分に、眼鏡のテンプル(つる)を通して取り付けます。
  • 値札の穴の形状や大きさは、メガネに合わせて製造できます。
  • ロゴマークや社名、ブランドマークなどを予め印刷しておくことも可能です。
宝飾用値札(ピアス台、1色印字)
  • ある程度の厚みと剛性を持つ台紙を使ってピアス台を作ることができます。
  • 2つ折りにすることで、さらにしっかりした台にすることが可能です。
  • ピアスを通す穴や、陳列用のフックを通す穴など、任意の位置に任意の大きさの穴をあけた値札を製造することが可能です。
  • ロゴマークやブランドマーク、シリーズ名を予め印刷しておくことも可能です。
  • 抜き型の形状を工夫することにより、自立式のピアス台を作ることも可能になります。
値札ケースやRFIDとの組み合わせ
 
  • 様々なケースをご用意しています。こちらをご覧ください。
  • RFIDを在庫管理や販売管理に役立てることができます。