ラベルロボLCX603の導入事例
コンベアやエアチャックなどの産業設備機器に貼り付ける銘板ラベルは、潤滑油が付着したりシンナー等の溶剤で洗浄するなど、印字面が傷みやすいことが悩みでしたが、ラミネート付きラベルのオンデマンド作成が可能なラベルロボを導入することで、解決していただきました。
宝飾業界でのRFIDシステムの導入事例
弊社では、宝飾品やメガネ等の商品管理に最適なUHF帯のICタグ関連製品を多数ラインナップしています。ICタグインレット、アンテナ、ハンディターミナルなど、お客様のニーズや環境に合わせてご提案致します。
 チラシをご用意いたしましたので、是非御覧ください
デパートの催事場等で催される「宝石の展示即売会」、最近では店舗外での売上が店売りをしのぐとも言われており、 多い会社では、300回/年を超える即売会を実施しているところもあるようです。それに伴い問題点もあるようで・・・
紙幣の偽造さえも特別な事件ではなくなってしまった昨今では、アートとしての評価が高い同氏の蔵書票も、 偽造防止に心を砕かずにいられない状況だが、そんななかで心強い味方が現れた。小型ICタグである。
東京台東区に本拠を構えるあるお客さまは、システムはそのままに「商品の持出し」時の商品点数のカウントのみにICタグを使い、 大幅な時間短縮で成果をあげられています。
「ICタグの一括読込の機能」が大幅な省力化につながることから、 宝飾業界ではいち早くICタグの導入が進み、棚卸や商品持出し時に、有効利用されています。
バーコードが宝飾業界に紹介されて間もないころに、 いち早くバーコードプリンタを導入し、業務効率のUPを実現した会社がある。
西日本最大級の宝石のお祭り「いちごジュエリーフェスティバル」を開催する滑ロ善は同展示会で大きな成果を収めているが、 大規模な展示会の裏では最新のICタグシステムが展示会を支えていた。