<おことわり>
本資料は2008年に作成したものですので、最新の情報を反映していない部分がございますが、引き続き掲載させていただきます。必要に応じて最新の情報をお調べ頂いた上で、ご活用いただければ幸いです。
熱転写用インクリボンの選択
1.熱転写インクリボンの基本構成
イラスト イラスト
●常に高品質印字を保つには、用途(耐性)やラベル基材・
 ラベルプリンタの特性に応じたインクリボンの選択が必要です。
2.熱転写インクリボンの種類
●熱転写インクリボンは、大別して、ワックス系、セミレジン系、レジン系
ワックス系・・・・・・ インク層の主成分がカルナパやパラフィンなどのワックス類と着色剤 (黒の場合カーボンブラックが一般的)で単層で構成されている事が 多い。

<適応紙>
上質紙・コート紙・キャストコート紙・合成紙・アイベストタグなど
主に物流・在庫管理用タグラベルや値札用に使用されています。 イラストイラスト
セミレジン系・・・・・・ 高速・高品位対応型が多く、多層構成タイプが多い、ワックス系より耐性がよく、印字品質もよい。

<適応紙>
上質紙・コート紙・キャストコート紙・合成紙・アイベストタグなど
主に高品位印字を要する製造工程管理用ラベルなどに使用されています。 イラストイラスト
レジン系・・・・・・ 樹脂を主体としたインクで、二層以上の多層構成タイプが多く、各種印字耐性 (耐摩・耐熱・耐擦過・耐薬品・耐油・耐水など)にすぐれていますが、 印字ヘッドに高パワーが必要で、かつ、受容紙の相性選択が必要です。 これらの特質から、フィルムや洗濯ネーム(布)などにも使用されています (それぞれ目的別インクリボンがあります)

<適応紙>
各種フィルム(OPP・PETネーマー・ナイロンタフタ・合成紙など)
布(ポリエステルサテン・アセテートサテンなど)
その他ラミネートフィルム
主に高品位を要する製造工程管理用ラベル・洗濯表示ラベルなどに使用されています。 イラストイラスト