<おことわり>
本資料は2008年に作成したものですので、最新の情報を反映していない部分がございますが、引き続き掲載させていただきます。必要に応じて最新の情報をお調べ頂いた上で、ご活用いただければ幸いです。
バーコードと二次元リーダー(スキャナー)の知識
バーコード・二次元リーダー(スキャナー)とは
各種バーコード、二次元(コード)を簡単・正確・迅速にそれらデータを読取りパソコン(コンピュータ)に入力する機械です。 即ち、機械で読み取れる文字が、バーコードや二次元とすれば、リーダーはこれらを正確に迅速に読み取る機械の目といえます。
バーコード・二次元(コード)リーダーの種別
※読取り方式にはペンタイプ・タッチ(CCD)大深度タッチ(CCD)・レーザータイプに別れます。
リーダーの特徴
●キーボードインターフェースタイプ
・キーボードデータとしてデータを送信
・カーソルのある場所にデータを読込み
・CD(チェックデジット)送信等設定もバーコードメニューで簡単設定可能
 
●キーボードインターフェース無線タイプ
・電波の届く範囲内で読取りデータをキーボードインターフェースでデータを回収可能。
・弱電波使用に付き使用場所での環境テストが必要。
・ほかはコード付きタイプと同様。
 
●RS-232C接続タイプ
・上位アプリケーションで制御しデータ読込み表示出来る為高度なシステム構築可能。
 
●USB接続タイプ
・USBで接続するがキーボードとして認識させる事が多い。
・ノートパソコンでは2ポートが、マウスやテンキーで使用出来ない事が多いが、
 USB接続する事により接続可能となる。
 
●メモリーUSB接続タイプ
・メモリ機能付き簡易ハンディーターミナルとして使用可能。
・メモリーに入れたデータは、ケーブルを差替えパソコンにキーボードデータとして送信できる。
 
●ハンディーターミナル通信ユニットタイプ
・リーダー単体で持ち運びでき、携帯端末として使用できる。
・パソコンに接続された通信ユニットでデータをパソコンに送信。
・リーダー本体・PCに専用のアプリケーションソフトを作成できる高度なシステム構築が可能。
 
●ハンディーターミナル無線タイプ
・パソコンから離れた場所からリアルタイムでデータ処理ができる。
・リーダー本体・PCに専用のアプリケーションソフトを作成できる高度なシステム構築が可能。
・種類として特定小電力無線(400MHz)・特定小電力無線(1.2GHz)・
 SS無線(スペクトラム拡散方式=2.4GHz)の3タイプが主流。
 
●ハンディーターミナル無線LANタイプ
・単体で持ち運びできリアルタイムデータ処理が可能。
・LANに直結できる為データの一元管理ができる。
・LAN上のハブに通信ユニットを接続。
 
●シングルスキャンとラスタスキャン(レーザー光源)
・シングルスキャン…レーザー光を横1本出してバーコードを読み取るタイプ。
・ラスタスキャン……レーザー光を横に複数出してバーコードや二次元(PDF417のみ)を
 読み取るタイプ。
 
●オムニスキャン
・レーザー光を360°全角度に出し、バーコードを読み取るタイプ。
 卓上タイプにみられ、バーコードの向きに関係無く読み取る事が出来る。
 
●CCD
・イメージ画像を取込み解析し読み取るタイプ。
 従って組込みソフトによりバーコード・二次元シンボルと読み取るコードが異なり、
 一般的にはマルチタイプ。光源は通常LED赤色が多い。
 
機種選定方法
・最小分解能

バーコードの細いバー及びスペースの太さの読み取れる最小サイズの事。 従って、細いバーを使用の場合はこの分解能以上のサイズで印字(印刷)が必要です。 只、一般的に、バーの太さは読み取り距離に比例しますので、距離を離すほど太いバーしか読めなくなります。



 
・PCS値
(Print Contrast Signal)
バーコードの印字(印刷)部分と下地(通常白地)との反射率の差を表します。 例えば、印字部の反射率0%(真っ黒)で下地の白が100%であればPSC値は100となります。 一般的なスキャナーは、PSC値60位です。 又、注意すべきは、一般的なスキャナーの光源が赤色の為、赤色でのバーコード印字は、避けなければなりません。
 
・バイブレーター機能 騒音の激しい場所で使用する場合はビープ音だけではなく、バイブや光(赤や緑など)で読取り確認ができるタイプを選択。
 
・読み取り方式の選択 タッチ式(CCD)・大震度読み取りCCD・レーザー・ペンタイプ等は、読み取り場所や、方法、サイズも考慮して選択。
 
・固定リーダーの選択 読み取るバーコード・二次元コードを貼り付けたワークとリーダーとの距離・移動スピード・周辺の明るさ・コードの種類 (その他周辺環境に大きく左右される)により選択。
 
・スキャン回数による選択
(特に固定式レーザータイプ)
「スキャン回数/秒」で表し、読み取りスピードに影響します。一般的には、100スキャン/秒〜1000スキャン/秒で、 特にコンベアで動くワークのコードを読み取る場合は、ワークの移動スピードに大きく関係します。 カメラ式固定リーダーの場合は、シャッタースピードで、調整しますが、照射光の明るさと相関関係にあります。
スキャナーボタン ←スキャナー(リーダー)ラインナップページへ