おすすめ情報 > 無色ダイヤモンド粗選別装置
迫りくる合成ダイヤモンドの影
高温高圧法による合成ダイヤモンドについて 対策あります 無色ダイヤモンド粗選別装置

現在市場で見られる無色系の合成ダイヤモンドはCVD法も高温高圧法もすべてがU型に分類されています。
いっぽう天然ダイヤモンドはほとんどがT型に分類されており、U型の天然ダイヤモンドは全体のわずか1〜2%程度にすぎません。また無色のHPHT処理はこのU型に分類されることが判っています。
したがって、現時点において無色ダイヤモンドがT型であれば天然起源でありHPHT処理されていないと考えられます。
そして、U型であった場合は天然か合成かあるいはHPHT処理された可能性があるかを詳細に検査しなければなりません。
このように、タイプ分類はダイヤモンド鑑別にきわめて重要であり、その最初の一歩となります。

※キュービックジルコニアやモアッサナイトなどの類似石の判定は行えません。
※ジュエリーにセッティングされた状態での検査はできません。

粗選別作業の流れ 無色ダイヤモンド粗選別装置仕様
ご紹介ちらしのダウンロードはこちら
ご質問・お問い合わせ等、お気軽にご連絡ください